ネット通販と個人輸入サイトの違い

ネット通販と個人輸入サイトの大きな違いとして個人輸入サイトというのは商品を在庫として抱えていないという所にあります。

ネット通販サイトというのは簡単に言ってしまえば通販専門のお店や実店舗を所有しているお店がやっている通販サービスでなのですが、個人輸入を行ったりその支援を行う個人輸入サイトというのは、個人輸入を応援したり手助けをするサイトであって商品の在庫を抱えるという事は有りません。

個人輸入サイトにも様々な種類があるため簡単には言えませんが、個人輸入代理サイトのの場合は利用者が購入したい商品を代わりに購入して利用者に渡すという仕組みですし、海外転送サービスを行っている企業というのは、アメリカ国内で利用者が購入した商品を受け取り、それを保証付で日本に送るという事を行うのが基本的な事業形態ですので、商品の在庫を抱えるという事が無いのです。

このように事業形態が通販サイトとは違う為法律に規制も大きく違っています。

その影響が大きく出てくるのが日本未認可の薬物を購入する場合で、ネット通販サイトでは薬事法の影響を受けるので通販を行う場合でも認可を受けた薬しか販売するとはできません。
一方で個人輸入サイトの場合、あくまで個人で購入するという形式の為薬物の購入の規制が大幅に緩くなり、違法薬物でもない限り購入することが可能となっています。