代行サイトで個人輸入する時の注意

薬などを海外で輸入した方が国内で購入するよりも安価である場合や国内では購入できない場合には個人で輸入するしかありません。
実際に個人で輸入をするために代行サイトを利用している人が近年増えてきています。

まず、個人輸入する場合にはどのようなメリットがあるのか説明します。
まずは、当初の目的である商品を国内よりも安価で購入できる点、国内では未発売や入手が困難であるものを手に入れられます。
逆にデメリットは時間がかかることや商品の返品や交換が外国語であったり、そのための送料が高額であったりします。
そのようなリスクを避けるために代行サイトを使用するのが一般的です。
ですが、代行サイトを利用したからといって、これらのデメリットがなくなるわけではありません。

次に、代行サイトで個人輸入する時の注意点を説明していきます。
代行サイトを利用すると商品に対するサポートや外国語を知らなくても、ある程度購入しやすくなりますが、それを逆手に取った代行サイトも存在します。
例えば、クレジット決算の手数料を取るサイト、会費を取るサイト、国際送料や手数料などを全く記載していないサイトなどがあります。
このようなサイトには注意する必要があります。
特に国際送料や手数料などについて説明をしていないサイトは、高額な手数料を後に請求される可能性がありますので、事前に注意をしておく必要があります。