個人輸入で薬を買うのは合法

世界には、日本で承認されていない薬が数多くあります。
なぜなら、日本で医薬品が承認されるには、動物実験や人などの認証実験を経て安全性が証明されてから承認され販売されます。
長い承認期間を経てからの販売をされるので、手間と苦労がかかるうえお金もかかるので薬代も高くなってしまいます。
しかし、日本で承認されていない薬でも、個人輸入で薬を買うのは合法です。
国で認証してない薬を輸入し販売することは、薬事法違法ですが個人で輸入し使用するのは認められています。
海外製の薬を個人で輸入したり、輸入代行業者から買うことは日本に輸入するという形です。
なので国内で買い物したことにはならず、合法的に買うことができます。
ただ、注意しなければならないのは個人で輸入する場合は輸入した本人が使用しなければいけません。
他人に売買することや譲渡することは認められません。
それは、友人やパートナーはもちろん家族でも許されていません。
ですから、友達同士で合同購入などはできないので気を付けなければなりません。
なので一度に同じ薬を大量に購入したりするとややこしくなるかもしれません。
正しいルールの元承認されていないまたは日本では割高な薬を個人輸入することができます。